スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

と言うことで

台所やら作業場やら、あちこち占拠されていたので(笑)

久~しぶりに読書をしておりました。


今月映画が公開されている「ドラゴン・タトゥーの女」の原作。



桂仙のブログ-120213_0053~0001.jpg


最初は映画CMが流れても特に気にもしていなかったのですが、何度かCM流れるうちに、あることが気になりだし…


あのバックに流れているのはレッド・ツェッペリンの移民の歌ですかぃ?

(映画の方は誰かのカヴァーみたいですが…)

で、なぜこの曲が気になるかというと

前に「スクール・オブ・ロック」と言う音楽映画(…とでも言うかな?)をレンタルして観たときに特典映像の中で、主役を演じた男性(名前わすれた)がレッド・ツェッペリンのメンバーに向けて「頼むからこの曲を映画に使わせてくれー!」と、既に使こうてしもてるにも関わらず、必死で訴えているのが面白くて印象に残ってしまっていたもので…

(補足:つまり直接会ってではなく、この映像を送りつけたのかな、ビデオレターみたいに…結果的にうまくいったようだけど…汗)


そうこうしているうちに、ある朝の“めざましテレビ”で軽部さんが映画の紹介をし、なんか原作も面白そう…と思ってしまったわけです。


ただし、読むのが遅いので(汗)なかなか進みません…

やっと上巻読んだところで、きっと下巻はもっと面白くなるんだろうな、と思わされているところです…


登場人物もめっちゃ多いし…ちょいちょい(誰やっけ?)となりますね。

(映画予告にもチラッとあるのでネタバレにはならないと思いますが)

行方不明の少女が“ハリエット”で、タトゥーの女が“リスベット”…語呂が似ているぞ。

主要な位置にある登場人物の名を似たような語呂で並べるのはやめてほしい…(爆)


若い頃、横溝正史の金田一シリーズをけっこう読みあさったのですが、そういった方は好きかも知れませんよ…(個人的な意見)



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

keisen

Author:keisen
1968年生まれ・主婦
家族、仕事、ペット、趣味など
思いつくまま書いています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。