母と娘

もうすぐ母の日が近い…なんて先日書きましたが

ここ数日新聞で、娘を束縛する母と、それに逆らえない娘についての記事が連載されていました。

桂仙のブログ

ちょっといろいろ重なって思わず笑ってしまったんですが(苦笑)

例えば

若い頃は娘を“支配”してきた母親が、歳をとると今度は「寂しい」や「いつ死ぬかわからない」などと、娘を繋ぎ止めるための“殺し文句”を言うようになる…とか

母親自身が親の愛情を受けていない…とか。


どこでも皆、いろんな事を抱えて葛藤しながら生きているんだな~と思いました。


うちの母親は七人兄弟の末っ子で、産まれた時にはもう育てられないと言って一度は捨てられたんだそうで、それを一番上のお姉さん(つまり私の叔母)が拾って、米のとぎ汁で育てた…と言う話しを聞いたりしました。

(まぁこの時代、似たようなことが多かったかも知れませんが…汗)

なので親の愛情なんて当然知らず、あれこれ言っても仕方の無いことなのでしょう…(苦笑)


私は21歳で結婚を機に実家を離れましたが、うちの場合わりと早いうちに母親と距離を置けるようになったのは、結果的に良かったんだろうなと思います。


で、気がつくと今度は自分が娘達から観察される立場になっていて(爆)

なんか気を抜けないと言うか(笑)まだまだ自分を磨き続けないといけないのかなと思います(苦笑)



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

keisen

Author:keisen
1968年生まれ・主婦
家族、仕事、ペット、趣味など
思いつくまま書いています。