スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットのこと

過激な動物愛護活動とかとは縁が無いですが、普段いろんなサイトを覗かせてもらって、ちょっと書きたいことがあったので…

めちゃくちゃ長く、まとまりの無い文になると思うので、興味のある方のみ読んで頂ければ幸いです(汗)


うちにはウサギが居ます。

玄関の内側に放している状態なので、玄関のヌシです(笑)


はじめ、この一戸建に移って来たとき、ワンコを飼う予定でした。

でも、ふと立ち止まってしまいました。

みんな朝早くに出掛けて夜遅く帰宅。

散歩は?世話は出来るの?と…


なら、ウサギなら飼えるかも知れない。

私が独身の頃に知り合いから貰って飼っていたこともあり、それにウサギなら散歩も要らないし。

で、

ペットショップで買いました。(汗)


この“ペットショップで買う”という行為も、どうか?と言うのはありますね…(汗)

売られている子たちが、みんな大事に飼われるのならまだいいかも知れませんが、実際は大量に繁殖させられ、それを易々と買い飽きたらポイ、また欲しくなったら買う…を繰り返す人も居るだろうし、店側も売れればいい的な所もあるだろうし…

ショップで買うと言うことは、それに加担したことにもなる…


うちの“りんご”を買った時、お店のおじさんは“掃除が大変になるから水はやらなくていい”と言いました。

でも連れて帰って水をやったらガブ飲みしました。

だから水を絶やさないようにしていますが、残っていた他の子達は、あの後どうなったかな…と、ふと気になるときがあります。

言い訳ですけど、一羽だけでも助けてあげられたかな…と思うようにしています。


うさぎって

食肉用にもされているし、毛皮にもされている。

動物実験にもたくさん使われている。

それがどうした?人間さまだって生きていくのに精一杯だ!と言う声もあるでしょう。

見る人から見ると、半ば“おウサギさま”状態のうちの飼育状況は、さぞかし滑稽にうつっているでしょうけど…


今はネットで様々な情報が、あえて望まなくても入ってくる時代ですから、ペットのことも少し検索すれば、あらゆる情報、画像、映像に出会います(汗)

毛皮にされる多くの動物は生きたまま皮を剥がれるらしい…

そのほうが毛ツヤが良いとか何とかで。

痛み止め?薬?そんなの業者にとっては無駄な経費だろうし、使うわけが無い。


保健所に持ち込まれる動物も、薬で苦しまずに死んでると思っている人が多いのでは。

実際は弱いガスでジワジワと苦しみながら、壁を引っ掻きながら死ぬんだそうです。

殺処分される動物が多すぎて、高価な薬を使う予算は無いのだろうと思います。

保健所の職員さんだって、喜んでこんな仕事をしているワケではないでしょうね。

現場を目の当たりにしたことは無いけど、人間には想像力があると思うのです…。


うちの実家ではずっとワンコを飼っていました。

車にひかれたり、病気したりで、そのつど最後を見届け、もう飼わないと言いながら、近所で行き場の無い小犬がいると貰い受けていました。

最後に飼っていた子はずいぶんお婆ちゃんになって、目も耳もかなり不自由になっていたようですが、あるとき散歩中に父の手から離れ、それっきり行方不明です。

実家の両親もさんざん探し回ったようですが見つかりませんでした。

私も話しは聞けど、実家で起こっていることに思うように協力出来ませんでした。

もしかしたら保健所に捕獲されて前述のような最期を遂げたのでは…と、見つけてあがられなかった後悔をひきずっています…

母に至っては未だに夢を見るらしく…(--;)


あと、動物実験。

私はかれこれ数十年コンタクトレンズを使用していますが、これって最初ウサギが実験に使われたらしい…と何かで読んだことがあります。

ウサギに限らず、自分が使っている薬も化粧品も、みんな動物実験を経たうえで安心して使っているワケなんですよね…


で、それを知って何が出来るのか…となったときに

やっぱり私は、うちの“りんご”をだいじに飼ってあげたいのと、こうやって書いて少しでも誰かに読んでもらえたら…と言うところでしょうか。

それと、リアルな毛皮の類いは極力買わないとか。(…元々買ってないとは思いますが。)

寒いから着ている人ばかりではないですもんね…?

コート脱いだらペラペラの薄い肌費のようなドレス1枚だったりするもんね(汗)

寒いんだったら●ートテック着てくださいっつう話しです…


ん…でも革製品は少なくとも無意識に持っていたりするかな~。財布とかバッグ、靴…(汗)

あと、牛、豚、鳥…肉だって食べてるしね…。

そんな己の姿も忘れてはいけないってことですね。




スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

keisen

Author:keisen
1968年生まれ・主婦
家族、仕事、ペット、趣味など
思いつくまま書いています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。