ピアノコンサート

あいた時間を見つけてはボード制作に励む今日この頃……進み具合はやっと四割くらいかな…(苦笑)



そんな今日は末娘と一緒に、イケメン兄弟ピアノデュオ「レ・フレール」のコンサートへ行ってまいりました♪


前に「ピアノブレーカー」と言うアルバムを買ったきり、最近あんまりチェックをしていなかったのですが(汗)、2~3日前にたまたま新聞広告をみて滑り込みでチケット取りました(苦笑)


桂仙のブログ-110723_2318~0001.jpg


会場の守山市民ホールは、娘達がキッズダンスをやっていた頃、こちらのリハーサル室を練習場所としてお借りしていたので、とても慣れ親しんだ懐かしい会場です。


今日のコンサートは小さいお子さんの膝上鑑賞がオッケーだったり、可愛い声援が響いたり、手拍子もジャンジャンオッケーで、今回初めて参加した私は正直ちょっとビックリでした…(笑)

前方の席のお客さん達は妙に手拍子が上手かったので、ファンクラブの方々だったのかな…(苦笑)


ピアノはべーゼンドルファーを使用と言うことでしたが、低音の鍵盤を少し足していてサイズも大きいので、低音がよく響く…のだそうです。

その低音を生かしたヘヴィメタ風の演奏もあったり(笑)

ブギウギなんかは、よくまぁ指が壊れないもんだなぁ~!と感心&感激です!


そして、どの曲を聴いていても音がとても温かい感じがしました。

和音も凄く心地がいいです♪



あと、被災地支援もされていて、会場には募金箱が設置されていました。

集まった募金で、被災地のお子さん達へ楽器を届けてくださるそうです。

すでに一度実現されたそうで、募金箱の傍には楽器を手に取って嬉しそうに笑っているお子さん達の写真が展示されていました。


本当に、温かくて素敵なコンサートでした♪



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

keisen

Author:keisen
1968年生まれ・主婦
家族、仕事、ペット、趣味など
思いつくまま書いています。