「夏の庭」

俳優の三國連太郎さんが亡くなられたんですね。。。

ご冥福をお祈りします。

三國さんの数多くある出演作の中で私が観たのはほんの一握りですが、これ好きだな~と印象に残っているのが「夏の庭」と言う映画です。


一人暮らしの老人(三國連太郎さん)に興味を持った少年たちが、この老人の“観察”を始めたことから徐々に交流が始まり、ついには戦争を境に生き別れになっていた奥さんと会わせようということになったのですが。。。と言うお話し。

…劇中の少年たちと号泣しました…(--;)

原作は湯本香樹実さん作の児童文学です。
児童文学と言えば、海外のを日本語に訳して出版されているものが多い中、こちらの作品は逆に外国語に翻訳されて海外でもたくさん出版された珍しいケースだと、当時なにかで読んだ記憶があります。

なんかこう言う…“おじいちゃんと少年”の設定とか…アカンですよねぇ。。(涙)


「ニューシネマパラダイス」とかねぇ…「フランダースの犬」とかねぇ…

あかん、あかん…ほんまアカン…(Т-Т)


素敵な作品を、ありがとうございました…



夏の庭―The Friends (新潮文庫)/新潮社
¥452
Amazon.co.jp

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

keisen

Author:keisen
1968年生まれ・主婦
家族、仕事、ペット、趣味など
思いつくまま書いています。