スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発送完了♪

桂仙のブログ-111017_1114~0001.jpg


ちょい時間の掛かっていたボードが仕上がり、発送を済ませてきました♪


こちらはウェディングでしかも人物画入り(笑)



私の描く人物はどうしても油絵っぽくなってしまいます…

かと言って、油絵のようにパレットナイフを使ったり筆のタッチを残すものでも無く、あくまでも指でのブレンドによって仕上げるのですが…

正~直なところ申し上げて、自分の画風が「チョークアート」に向いているとは思っていません…(汗)

そんなでも良ければ…と言う場合に描かせて頂いてます(苦笑)


人物画、ムズカシイですよね…(笑)


私は美大も美専も行ったことが無いので、あまり知ったかぶるわけには行かないのですが(爆)

子供の頃からわりと、風景や静物よりも人物を描くのが好きで、描くときは必ずデッサンから取り掛かっていたものですが、そんだけやっても人物って1ミリ…いや0.5ミリ位置やラインがズレると「誰やねん?」みたいな絵になってしまうんですよね。

で、そっから延々と「コンマ5ミリの戦い」(←勝手に言ってます)を続けるのです。

不思議とイヤにはなりませんが(笑)

(…てか、まぁ結局ウデが足りないんだろ?と言う話しにもなるワケですが…笑)


あと、アレですね。

人物を正確に描こうとすると「美術解剖学」と言う分野もあるんでしょ。

解剖と言っても骨格や筋肉、体全体に対する四肢とかいろんな部位の割合とか…を勉強するのかな?


(なんか有名な絵がありますよね。ダ・ヴィンチさんだったか、人の手足が円を描いているような絵…)


そういったのを勉強した上で、あとは芸術作品としてのバランスや美しさを考えてアレンジを加えられるのが「絵」と言うものなのかな…なんて思います…




桂仙のブログ
お子さんはわりと描きやすいかな…まだ完全に人格が形成されていないからか…な~んて思ったり(笑)


桂仙のブログ
あとペットちゃんも良いですな。「こんなん似てないワン!」とか言わないし(爆)

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

keisen

Author:keisen
1968年生まれ・主婦
家族、仕事、ペット、趣味など
思いつくまま書いています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。