神戸散策

一昨日は昼間レッスンをして、夜はママ友さん達と飲み会でした。^^

普段はランチ友なので夜に集まるのは初めてだったと思うのですが…(?)誰一人として違和感を唱えることなく、いつものように楽しい時間を過ごさせて頂きました。

どうもありがとう~♪


それから、いつもお世話になっているSoy+CAFEさんは6周年を迎えられたそうです♪

おめでとうございます!

こんな↓可愛いお菓子を頂きました♪^^

桂仙のブログ



そして本題。(笑)

昨日は旦那、長女と連れ立って神戸に出掛けておりました。

メインの目的は神戸市立博物館で開催中の「プーシキン美術館展-フランス絵画300年-」を観に行くことでしたが…


ちょっとあちこち寄り道…(苦笑)

まずは

デザイン・クリエイティブセンター神戸で開催されていた「Bead Art Show KOBE2013」へ。

桂仙のブログ


海外から輸入のビーズや天然石など、たくさん展示販売されていました。

どっちを向いても綺麗な物だらけ、目の保養をさせて頂きました。^^

一時期はビーズにもハマりましたが近頃は専ら鑑賞して楽しむのみ。

…と言うことで、ビーズとはあんまり関係無さそうな、イヤホンジャックとストラップだけ購入。^^;

ストラップはこの日一日模擬試験だった猫好きの末娘に。^^

桂仙のブログ


そこから博物館へ行く途中の公園。

色づいた葉が綺麗でした。^^

桂仙のブログ


こちらは…もしや、ルミナリエ?

桂仙のブログ



メインのプーシキン美術館展。

桂仙のブログ


まだそんなに終了ギリギリでも無かったからなのか、息もつまりそうな程の混雑ではなかったです。

でもチケット窓口のほうは割と並ばれていたので、予めコンビニで購入して行って正解のようでした。^^;


今回の作品展には日本の絵画修復家・岩井希久子さんが絵のコンディションチェックに立ち会っておられたそうで。

自分の目指す道に一途に、真摯に取り組んでおられる岩井さんは密かに憧れです。

かっこいいな~^^


桂仙のブログ

で、クリアファイルとマグネット購入。(笑)

ファイルのほうはアングルの「聖杯の前の聖母」で、どちらかと言うとサラリとして油絵っぽくない画風が個人的に好きです。

マグネットのほうはルノワールの「ジャンヌ・サマリーの肖像」で今回の目玉になっていた作品ですね。^^


そうそう、音声ガイドは俳優の水谷豊さんでした。

最後は「おやぁ?」と、例のあの御方のキャラを思わせるような口調で閉めておられました。(笑)


近頃は美術館行くたびに最低1個はマグネット買って来るので…

うちの冷蔵庫はこの先どうなって行くのかと…(笑)

桂仙のブログ


絵画鑑賞のあとは、すぐ近くの日本ビルヂング2Fにある「KOBEとんぼ玉ミュージアム」を覗きました。

桂仙のブログ


体験工房や作家さんの作品展示など多数でした。

とても細かくて奇抜なデザインがあり、こちらも目の保養をさせて頂きました。^^

おフランスざんす

昨日21日は長女が仕事を代休取っていたので、二人で兵庫県立美術館へ行ってきました。
桂仙のブログ


JR灘駅を出ると屋上のカエルが見えてます…(ミカエル…笑)

桂仙のブログ


マリー・アントワネット物語展(9月1日まで)を鑑賞してきました。

桂仙のブログ

なんと言うか…やはり時代や政治に翻弄された悲劇の王妃…でしょうか。


結局、この時代にフランスに嫁いだのが彼女ではなく他の誰だったとしても、似たような運命を辿らざるを得なかったのではないか…と感じました。


美人…と言うのとは違うのかな~…

けど“嫁入り”した当初、フランス国民は彼女の“愛らしさ”に歓喜した…らしいので、とっても可愛かったのだろうと。^^

確かに贅沢はしたようですが、そのせいで国を赤字に追いやったと言うのはちょっと違うようだし、“パンがなければ…”と言うあの有名な言葉もデマだと言う説があるようです。

子を出産後は良いお母さんだったようだし…。

…なんだかなぁ…



衣装(再現)やヘアースタイルを展示した部屋は撮影OKでした。

桂仙のブログ


桂仙のブログ


ところで、昨日もと~っても暑くて平日であったにもかかわらず、私と似たような世代の女子グループが多ございましてよ。(笑)

池田理代子さんやベルばらファン(もしかして宝塚ファンも?)が、結構いらっしゃたようにお見受け致しました。

みなさん作品を前に夢中で語らい、ん十年?(笑)前に戻ったようにきゃぴきゃぴ(死語?笑)してらっしゃいました。^^


同時にルノワールも展示があったようですが、体力気力が持たず…断念しました…(苦笑)



鑑賞三昧

今日は朝から京阪「浜大津」駅前の大津アレックスシネマへ行きました。

桂仙のブログ

琵琶湖の遊覧船が発着する大津港のすぐ傍!^^


全国数十ヶ所の映画館で開催されている『午前十時の映画祭』で上映中の「ウエストサイド物語」を観てきました。

なんのかんので毎年ラインナップされてますね。^^

うっかりしていて、また見逃しそうになり慌てて観に行きました。(こちらでは31日まで!><;)


素敵な音楽とキレッキレ!のダンス、そして一昨年初めて劇場で観た時にハマってしまった俳優さんを目で追い(爆)…と言っても現在ではうちの父親と変わらないくらいの御歳になってらっしゃるはずですが、映画の中では永遠の若者です。^^;

それに何度観てもラストシーンは号泣…(苦笑)


客席はまばら~だったのですが(汗)素敵な企画だと喜んでおります。^^

あ…

ペチャクチャとお喋りするだけして途中で出てっちゃったオバチャマたち、何だったんだ…あなた達…(-▽-;)



映画鑑賞後は軽くロッテリアして(笑)“おけいはん”で京都へ。

少し前に京都市美術館へゴッホ展を観に行ったのですが、同時開催中だったリヒテンシュタイン展も観るかどうか迷った挙句、あきらめて帰ってしまったので、リベンジを果たそうかと。(爆)


桂仙のブログ
このあいだのゴッホ展の時よりずいぶん空いていて楽に観てまわることが出来ました♪

音声ガイドも借り、声の主は大地真央さん。


なんと言うか、貴族が大金をはたいて収集したコレクションなワケですよね。

いや~豪華です。

贅沢過ぎて個人的にあまり良い趣味だと思えないような品々もありましたが(笑)素晴らしい作品ばかりでした。

ゴッホと別日にして良かったかも。まったく別世界ですから切り替えが困難だったかも知れないし…(汗)


ついついその作品を描いている時のことなど想像しちゃいますね~

大きなキャンバスに豪華な衣装をまとった人物の画などは刺繍や装飾品の一つ一つ細かく描かれていて、どれくらいの時間を掛けて描かれたんだろうとか。

画家は何時間、何日、何ヶ月でも没頭するでしょうが、モデルは持たんでしょう~(汗)

今みたいに写真を撮っておくと言うことも出来なかっただろうし…とか。


あと、ウィーンの中心部に広い土地を買って“離宮”を建てて、そこに美術品を飾った…みたいな件があったのですが、そんな宮殿とか数ヶ月で建つもんでもないだろうし、今みたいに便利な建設機械も無かったでしょうから、思いついてから飾れるようになるまで、どれほどの歳月を費やしたのかな…とか。


そう、そして最後に展示されていたのがルーベンスの「キリスト哀悼」と言う画だったのですが、死んでしまったキリストに寄り添う聖母マリアの、とても美しく悲しげな表情が、先に観た映画のラストとだぶってしまって(しかも同じ“マリア”だし!)あろうことか涙腺が緩んできまして!

美術館で涙を流す中年のオバチャンは見た目的にかなり痛かろうと思い精一杯こらえました。(爆)



ちょっと実用的なグッズだけ買いました♪


桂仙のブログ
クリアファイルやマグネットはなんだかんだで使ってますので。

左下のくりくり巻き毛の可愛いらしい子は京都には来てませんでした。^^;




ゴッホ展

京都市美術館で開催中の「ゴッホ展 空白のパリを追う」を観てきました。

桂仙のブログ


行くぞ行くぞと思っているうちに、もう19日で終了してしまうではないか!と慌てて行きました。

終了間近になってくるとチケット買うだけでも凄く並んだりするので、ちょいと学習して…前もってコンビニ(ローチケ・笑)でチケット購入。

桂仙のブログ


同じ美術館で同時開催中の「リヒテンシュタイン…」もチケット買うか悩みましたが、おそらくかなり混んでいるであろうゴッホ展を観たのち更に鑑賞を続ける体力&気力が、果たしてこの中年夫婦(^□^;)に残っているのか自信が無かったので、とりあえずスルーしまして。(爆)


ゴッホって「ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ」だと思っていたけど、「フィンセント・ファン・ゴッホ」なのね?(汗)


天才画家と謳われつつ存命中に売れた絵はたったの1枚だとか…

でもどうだろう…もしザクザク絵が売れていたら、いま私達が観ているようなゴッホの作品は存在したのかな…とか。

自画像のどれを観ても険しい表情で、かなり神経質な人だったのかな…とか。

あと、エックス線で(?)絵の下に隠れた別の絵が明かされていたり…う~ん…これは画家の心境からするとあんまり嬉しくないのでは?…とか。(苦笑)

ゴッホと言う人に様々な思いを巡らせてしまった時間でした。


缶入りのチョコを買いました。

空いたらペンケース♪^^

桂仙のブログ



今日は母の日と言うことで、長女がミルクレープを作ってくれました。

美味しく戴きました。写真撮るのは忘れました。^^;

YOSHII CINEMAS

ちょっと外出続きでした。

日付変わって既に昨日、大阪駅近辺にて、とあるお食事会に参加。

ありがとうございました♪


そしてその前日は

朝からカフェのレッスンをして、夕方…と言うかほぼ夜…(汗)京都へ。

何をしに出掛けたかと言うと、吉井和哉氏のドキュメンタリー&ライブシネマ「YOSHII CINEMAS」を観に行きました。


チケットを早よ~から取ってあったのですが、なかなかタイミングが合わず、もう行かれへんかも~…(泣)と諦めかけていたのですが、日曜夜の家族団欒を突如ほっぽらかしにする形で(苦笑)ゴリ押しで出掛けてしまいました。^^;

あんまり放ったらかしは悪いと思い、ちゃんと“お好み焼き”の材料買ってきて、キャベツは刻んでおきました。(爆)

お好み焼きって、自分達で焼きながら食べれるからいいですね。^^


JRで京都へ向かう途中、草津で途中下車し、カルチャーセンターへ作品サンプルを預け、(なかなか効率良く動いてるやないの~!)と心の中で自画自賛をしてみる。(爆)

で、再び電車に乗ってから(あ、そういえばサンプルの画像撮っておくの忘れた!)と気づき、(なかなか抜けてるやないの~!)と反省。(汗)


向かった映画館は京都駅の八条口から近い「T・ジョイ京都」

(八条口って“はちじょうぐち”じゃなくて“はっちょぐち”って言いません?笑)

この八条口も何十年振りで改札出たのですが、昔とはガラリと変わって、お店も増えて明るく綺麗になってました。^^;


映画はとても良かったです~


桂仙のブログ

なんで観に行くの諦めようとしてたんかな~危ない危ない…(爆)

たまに「吉井さんかっこええなぁ~」と言う末娘も連れて来てやればよかったな~なんて思いながら鑑賞させていただきました。

夜だし、翌日学校だし、あえて声かけなかったんですわ…^^;

23日発売のアルバムも楽しみです。

こちらも早々とネット予約してしまったので、明日には家に届くはず♪



そして

渋い顔しながら外出させてくれた旦那は本日お誕生日ですわ。ご…五十歳の…(笑)

このあいだから、信じられ~ん!だの、どないしょ~!だの騒いでます。

ま、焦る気持ちはわからなくも無いですが

でもね、何かの間違いで百歳まで生きてしまったら、五十ってまだ半分しか生きてねぇですよ…むしろどうする!?(爆)

何はともあれ、おめで父さんどす~^^;




検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

keisen

Author:keisen
1968年生まれ・主婦
家族、仕事、ペット、趣味など
思いつくまま書いています。